ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーのあれこれ

東日本の震災後、何かと話題になっているウォーターサーバー。
ペットボトルの水供給と何か違うの…と思いましたが、設置してみるとこれが便利。
まず 水だけではなく、お湯がでます。
水道なら温かいお湯もでますが、ウォーターサーバーのそれは、天然水と謳われているため、そのまま飲めますしかなりの温度で出てきます。
お子さんもガスなどを使わず温かいものが飲めるため安全です。
大きな商店街などでキャンペーンをしている期間に遭遇するとラッキーなことに、本体を無料提供してくれる場合が多いです。
契約を解除するときに返却すればOKかと思われます。
これで、わざわざペットボトルを買いに行かなくてもよくなります。
「うちはネットで買っているから。」とおっしゃる方もペットボトルはかさばる・・と思われたことはありませんか。
その面倒が不要になるのがこちらのサーバーです。
いいことばかりを書いても疑問に思われるでしょうから、ここでちょっとしたマイナスというか、注意点を書いてみたいと思います。
まず、水も量がまとまると重いです。
サーバーの水は10Lはありますので、取り換える際は腰にお気をつけてください。
もう一点。
空ケースがかさばる。
というマイナス面もあります。
ですが現在では、強化ビニール製のように使い終わったら丸めて処分できるタイプで販売している業者もありますので、この点はクリアできるかと思います。
例えばの話ですが、東京都を例にとりますと、水道局ではCMなどを使って、水道水の安全性をPRしています。
いくつもの検査を設け徹底的に安全にこだわっているという内容です。
しかし、水道水とウォーターサーバーの決定的な違いがあります。
それは「成分」です。
各社それぞれウォーターサーバーの中の水にはこだわっていて、天然水やバナジウムなどそれぞれの特徴を売りにしています。
食事や飲み物をすべて合わせ、人は一日2L近くの水をとっていると言われます。
であれば、いつもの水にも安全というだけれはなく、栄養成分を配慮したものに変えてみてもいいかもしれません。
家族の健康を考えながら美容にもよいとなれば、試してみない手はありません。
各社のHPにそれぞれの特徴や売り、料金が記載されています。
ここ数年、ウォーターサーバーの企業も増えてきましたので、比較できるサイトあります。
体の60%は水分と言われています。
健康も美容もまずここから初めてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2014 安全な水.com All Rights Reserved.