ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーを使ってみて

私は建築業の仕事をしています。
建築業という事もあり本社勤務ではなく仮設事務所を準備した建築現場に毎朝出勤し、半年とか、一年近くの長期の現場がおおくまた、ほぼ一日を仮設現場事務所で過ごすのですが、問題となったのが、食事と飲み物、食事は、宅配弁当業者へ配達を依頼し、毎日決まった時間に注文した弁当を配達してもらう事で解決しましたが問題なのは飲み物 作業員さんもいるので、複数の飲料メーカーにお願いして飲料メーカーごとの自動販売機も設置しているのですが、毎日、缶飲料を購入するのも勿体ないし健康の為にも宜しくない。
会社の上司に相談したところ簡易水道を設置したものの浄水器などを使ってない水道水ではちょっと匂いがしたり、錆が原因なのか、透明ではなく少し濁っていたりと、そのまま飲むには抵抗がありました。
初めのうちは仕事に向かいながら、コンビニエンスストアやスーパー等に立ち寄り、ペットボトルのミネラルウォーターを購入し持っていきましたが、朝の貴重な通勤時間から無駄な時間を使うのも勿体ない。
それならばと、自分で代金を支払えば問題ないだろうと、レンタルウォーターサーバーを借りることにしました。
ウォーターサーバーと聞くと大掛かりな設置するのかとも思っていましたが、調べてみると、40センチ四方もあれば設置できる小型のものが多く、本体はそんなに重くもないので、テーブルの上に設置する事ができそうな感じです。
肝心な「水」も12リットルや19リットル入りのボトルを電話一本で配達してもらえ、(例えばスーパーにミネラルウォーターを購入しに行き重たい物を持って帰宅するという事がありません。)また注文し持ってきてもらうボトルの蓋はしっかり封印されており、安心して飲む事ができます。
ウォーターサーバの殆どはそうだと思うのですが、水を出す事は当然ですが「お湯」を出す事もできるので、そのままコーヒーを作ったり、弁当だけで足りない場合は、カップラーメン等に使うお湯をウォーターサーバーから注ぐ事も可能です。
使ってみると大変便利で他の事務所の方々もウォーターサーバーを設置しているところが増えてきました。
仕方なく仕事場で使い始めたのですが、濾過された美味しい水を何時でも冷たい水またお湯が使えるのがあまりに便利で、自宅ではフィルター交換などで維持メンテナンスにお金もかかる浄水器を設置しておりましたが、今では小型のウォーターサーバーをレンタルし一週間に2〜3度のペースでボトルの配達もしてもらっております。

Copyright(C) 2014 安全な水.com All Rights Reserved.